簡単な二日酔い対策

MENU

簡単な二日酔い対策

予定していなかったお酒の席のお誘いに応じてうっかり飲み過ぎてしまった・・・という時に、コンビニで簡単に手に入れることが可能な二日酔い対策が販売していたら有難いですよね。

 

そこで、コンビニで購入できる二日酔い対策に効果的なグッズをお教えします。

 

・ドリンク剤
ウコンの力は最早定番となりましたが、その他にも様々なドリンク剤があるをご存知ですか?CMでもおなじみのヘパリーゼも、肝臓水解物で肝臓の働きをサポートしてくれるドリンク剤なのです。

 

その人の体質によって二日酔いの症状は様々なので、自身の体質に適した対策を行うためにも、二日酔いで自身がよくなる症状を記憶しておくといいですね。

 

二日酔いの症状で頭痛になる人は、糖質の果糖ではなくてショ糖を要しますし、吐き気がする人には胃酸過多の傾向があるので、胃腸薬は常備しておくとよいでしょう。

 

・胃腸薬
二日酔いになると胃痛や胸やけを起こす人は、胃酸が出過ぎているかもしれません。

 

胃酸を抑制する薬は医薬部外品の手軽な物ならばコンビニでも購入できるので、すぐに対策をしたい時には最適です。

 

アルコールは分子の大きさが非常に小さいので、胃粘液の膜を通り越して胃の内壁にダメージを与えてしまいます。
そのため、胃腸薬などをあまり飲みたくない人は飲む際に植物性タンパク質がたっぷり含まれているメニューを注文して食べましょう。

 

どのような物があるかと言うと、冷ややっこや湯豆腐、枝豆などがあります。
最近ではコンビニでも販売している店舗もありますが、飲む前に食べるのならば飲んでいる席で食べるのが良いでしょう。

 

・コーヒー
え?コーヒー?と思う方も居るかもしれませんが、実のところ二日酔いの頭痛にはアセトアルデヒドと、もうひとつアデノシンという原因物質を抑える働きがあるのが判明しています。

 

アデノシンにより脳の血管が拡張してしまい、その周りの神経にダメージが与えられる事で頭痛になるので、血管収縮作用を持つカフェインを摂ることが効果的なのです。

 

しかし、コーヒーには利尿作用もあるため、アルコール分解に要する水分を維持するためにはミネラルウォーターなどで水分を補いながら飲むことが大事です。

 

・スポーツドリンク
スポーツドリンクも、吐き気や頭痛などの症状の原因となるアセトアルデヒドの分解に必要不可欠な水分を効率的に摂ることが可能です。

 

しかし注意してほしいのが、スポーツドリンクを飲むタイミングです。
お酒を飲んで気持ちが良くなった帰り道、コンビニで購入するのは良いですが、その場で飲んでしまわないようにしましょう。

 

その理由は、スポーツドリンクは吸収効率が圧倒的に高い特徴があるので、そのタイミングで飲んでしまうとまだ残っているアルコールがスポーツドリンクによって高い浸透圧で肝臓に運び込まれてしまうリスクがあるからです。

 

コンビニで簡単に手に入るのはいいことで吸収効率も良いのが良いところなのですが、飲むタイミングを誤らないようにすることが大事です。