悪酔いしないために

MENU

悪酔いしないために

お酒を飲む席での悪酔いは、自身の気分が悪化する上に、飲んでいる仲間や周りの人にも不快感を与えてしまいます。

 

悪酔いを防ぐ食事とそれが悪酔いを防ぐワケも頭に入れておくだけでも、注文するおつまみやお酒を飲む席での注文メニューにも関係してくるでしょう。

 

よく、牛乳や脂っこい物を予め取っておくと悪酔いを防ぐ事が出来るという話を耳にしたことがありませんか?

 

そのワケは、胃の粘膜に脂によって膜が出来、それによってアルコールの吸収が抑制できるからと言うことでした。

 

ですが、実はこれは誤認識だったのです。

 

その理由は、アルコールそのものは脂にも水にも溶けやすいと言う特徴がある故に、脂物を摂取すると体内で排出に時間を要する油分が、いつまで経ってもアルコールを体の中に残してしまうようになってしまうのです。

 

●飲んでいる最中に注文すると悪酔いが防げるメニューとは

 

飲んでいる席でおつまみに注文すると悪酔いが防止できるものをご紹介します。

 

大事なのは、アルコール分解酵素を分泌する肝臓の作用をサポートする質の良い植物性タンパク質とアルコールの吸収する速さを抑えてくれるムチンにあります。

 

◆質の良い植物性タンパク質が摂取できる食材とは?

 

・納豆・お豆腐・お醤油・お味噌
お肉でもタンパク質を摂ることは可能ですが、ここで植物性タンパク質を取り上げているのには、脂物を回避するほうが良いからです。質の良い植物性タンパク質は、アルコール分解酵素のエネルギー源にもなり、その上アルコール分解で数多くの仕事を行わなければいけない肝細胞を再生する事にも有効だからです。

 

◆ムチンを摂取できる食材とは?

 

・オクラ・メカブ・昆布

 

これらの食材から摂取可能なムチンは、胃の粘膜をアルコールのダメージから保護してくれ、その上にタンパク質の吸収もサポートしてくれます。

 

〜悪酔い対策に効果的なメニュー〜

 

お酒を飲む際、予めお水を飲んでおくと言いと言う事を聞いたことがありますか?それは血液中のアルコールの濃度を下げるだけの効果です。それよりも、アルコール分解が活発になりやすい体内環境作りをすることをお勧めします。

 

ところで、これらを理解した上で飲んでいる最中に注文すると良いメニューは、冷ややっこ、枝豆、オクラが入っているネバネバ料理、海藻サラダなどがお勧めです。

 

自身の悪酔いを防いで、自分の為にも周囲の人の為にも、これらのメニューは効果的でしょう。

 

●悪酔い防止のシメのメニュー

 

飲み会も山を越えてそろそろシメに・・・という際に注文すると悪酔い防止に効果的なメニューは、ウコンが含まれているものをお勧めします。

 

飲み会の最中とは違い、空腹を満たすためでもあり、肝臓を活発にさせるタンパク質とは少々異なりアルコール分解酵素の作用をサポートしてあげる事が必要になるからです。

 

ウコンというと、飲み会の帰り道などでウコンドリンクを購入して飲めばいいのでは?と思いがちですが、それは誤解です。

 

ウコンはアルコール分解酵素の作用を促してくれるのですが、これだけでは十分とは言えません。
分解したアルコールの代謝が必要になりますし、結果的に体の中から体外に排出させる必要があるのです。

 

●悪酔いを防ぐメニュー
これには植物性タンパク質と糖質を摂ることが有効です。ウコンと植物性タンパク質、糖質や水分が知らない間に摂取可能なメニューとしてお勧めなのが、
・キーマカレー・ターメリックライス
です。キーマカレーは肝臓の働きを助ける大豆タンパク質が摂取出来ますし、ライスで炭水化物の糖質も補えます。また、カレーを食べるとお水も飲むかと思うので、水分を摂ることにも繋がります。

 

しかし飲んでいるお店でメニューにこのようなメニューが無い時は、飲み会の帰り道などでコンビニのウコンドリンクを飲んでおくと、次の日の二日酔いの防止にも繋がります。

 

このように、飲み会の最中のおつまみや飲み会の後のシメのメニューで、悪酔い防止効果が望めるので、悪酔いしやすい人は特に覚えておくと良いでしょう。