悪酔いしやすいお酒

MENU

悪酔いしやすいお酒

昔は危ないお酒が出回っていた歴史も・・・
どんなにお酒の飲み方などに気を使っていても、どうしても悪酔いしてしまう事はあります。悪酔いはお酒を飲んで割と短い時間で気分が悪くなったりするようなことを言い、二日酔いのように次の日まで症状が残ったり、飲んだすぐ後は平気なのに次の日に体調が良くないと言うものとはちょっと違うのですが、折角アルコールを楽しむのならば避けたい症状ですよね。ところで昔の話ですが、今の若者のお父さんやおじいちゃんの時代のことで、戦後すぐの物資が足りていなかった頃でもお酒は大人の楽しみとして飲まれていたのですが、その当時に飲まれていたお酒が、「バクダン」という名前のお酒だったそうです。しかしこの「バクダン」は、本当は燃料用のアルコールを醸造酒に混ぜて出来たもので、燃料用のアルコールなので主な成分はメチルアルコールというものです。このメチルアルコールは人の体に取り入れると非常に危ないものなのです。これの影響から失明したり下手をすると命に関わることになった事もあるそうです。今ではこのような危ないお酒は流出していませんので、ご安心を。

 

悪酔いしやすいお酒とは?
悪酔いしやすいお酒と聞くと「安いお酒」というイメージがあるかもしれませんが、実はそうなのです。そのわけは、上記の頃の「バクダン」のような危ないお酒ではないですが、安いお酒を売るために、意図して化学調味料や糖類などの成分が含まれて作られている「三増酒」というものだからです。これは日本酒によくあるもので、蔵元で作られた清酒に化学調味料や糖類のような不純物を混入させるので、色々な悪酔いの症状が出てきてしまうのです。二日酔いしやすいお酒の話の中にもありましたが、お酒の中に不純物が入っているほど酔いが悪いものになってしまうのです。

 

悪酔いしにくいお酒は?
少々日本酒の悪い点を挙げてしまいましたが、日本酒もきちんと綺麗な水と選りすぐりのお米によって丁寧に作られたお酒は、ある程度の値段もするのですが、口当たりも良かったり、飲みやすかったりするので、多少の量を飲んだとしても比較的悪酔いがしにくいでしょう。しかし人によって合う合わないがあると思うので、それはご自身で管理してください。
ということで、お酒の席での時間を楽しむためにも、値段が少し高いとしても、「質の良いお酒」を飲む方が悪酔い防止に繋がります。しかし、飲む速さや量を考慮し、お酒だけでなくおつまみを食べながら飲む事が大事です。お酒を飲むのであれば、楽しく、美味しく飲むために、自身で工夫すると良いですね。